Harpsichordist Masumi Yamamoto was born in Osaka Japan, grew up on Australia's Gold Coast and has been based in the UK since 2001. She has appeared at several major concert venues across Europe, and has performed as far afield as Malaysia, Japan and Australia. Masumi was a prize winner at the International Harpsichord Competition in Bruges. This year, she gave solo recitals in the London Handel Festival and Edinburgh Fringe Festival.

Masumi graduated with a University Medal from the Queensland Conservatorium Griffith University in Brisbane Australia studying piano with Leah Horwitz and harpsichord with Huguette Brassine. In the UK, she studied piano with Vanessa Latarche and harpsichord with Virginia Black at the Royal Academy of Music, before focusing on her harpsichord studies with James Johnstone at Trinity College of Music. She was later "The English Concert" Junior Fellow with ensemble Melopoetica. Masumi completed her PhD at the University of York under Peter Seymour, and has also had valuable input from teachers including Carole Cerasi and Michael Hell.

Masumi has made concerto appearances with London Concertante, Solisti Divini, London Brandenburg Soloists and the Keld Ensemble in the UK as well as with the Soloists of London​ in Spain and Paulus Barokk in Norway.

She was on the panel of judges for the Broadwood Horniman Harpsichord Competition in April 2017 along with harpsichordists Sophie Yates and Robin Bigwood. As a continuo player, Masumi has appeared with ensembles including the Gabrieli Consort & Players, the Orchestra of the Age of Enlightenment, St. James's Baroque, Yorkshire Baroque Soloists, the International Baroque Players and La Serenissima.

Also a keen teacher, Masumi has given lessons, talks or Masterclasses at Yong Siew Toh Conservatory of Music in Singapore, Guildhall School of Music and Drama in London and Queensland Conservatorium Griffith University in Australia. She is also the Artistic Director of a Baroque concert series 'Sydenham Concerts' and is Teacher of Harpsichord at St. Paul's Girls' School and James Allen's Girls' School.

山本満寿美(チェンバロ)

大阪府出身。1991年、家族と共にオーストラリアに移住。

現在ロンドン在住。

ヨーロッパの著名な会場で演奏し、遠くはマレーシアやオーストラリアでもコンサート活動をする。数々のコンクールで入賞を果たし、ブルージュ国際古楽コンクール(チェンバロ部門)では第5位入賞。

2018年はオーケストラ・オブ・ジ・エイジ・オブ・エンライトメントと共にJSバッハのマタイ受難曲の通奏低音を担当し、ヨーロッパツアーに参加したり、2019年にはロンドン・ヘンデル音楽祭やエジンバラ・フリンジ祭でのソロリサイタルでも好評を得た。

豪グリフィス大学クィーンズランド音楽院 演奏学科、修士課程修了。英国では、王立音楽院、トリニティーカレッジにて研修を積む。ソロ、通奏低音をジェームス・ジョンストン氏に師事。2016年英ヨーク大学博士課程修了。

これまで、ラナ・トロトヴシェク(ヴァイオリン)、ボリス・ビジャック(フルート)や、ヨハネス・プラムゾーラー(バロックバイオリン)とも共演する。ブライトン古楽音楽祭、グリニッジ国際古楽音楽祭、ヨーク古楽音楽祭、カディス音楽祭(スペイン)、ウルスス音楽祭(スロヴェニア)、タルティーニ音楽祭(スロヴェニア)などに出演したほか、英BBC 、豪ABCをなどのラジオ番組にも出演。2012年にはヘンデル博物館で行ったソロリサイタルが英インデペンデント紙で好評を得る。

最近では、コンチェルトのソリストとしても意欲的に活動し、ロンドン・コンチャタンテ(英)、ケルド・アンサンブル(英)、ソリスティ・ディヴィニ(英)、パウロス・バロック(ノルウェー)、ロンドン・ブランデンブルグ・ソロイスト(英)、ソロイスト・オブ・ロンドン(スペイン)などのオーケストラと共演する。

また、2016年2月より「シデナムコンサート」の音楽監督としてコンサート企画にも携わっている。後進の指導にも力を入れていて、豪州のクイーンズランド音楽院、シンガポールのヨン・シュー・トー音楽院や、英国のギルドホール音楽院などで、マスタークラスや講義を担当した経験を持つ他、2017年にロンドンで開催されたブロードウッド・ホーニマン国際チェンバロコンクールの審査員も務めた。現在セント・ポール・ガールズ・スクールと(英国)、ジェームズ・アランズ・ガールズ・スクール(英国)にてチェンバロ講師。